第4期5S改善コーチ育成講座 第3講

第4期5S改善コーチ育成講座 第3講

2018.12.18

第4期5S改善コーチ育成講座 第3講が開催されました。

 

受講生より感想をいただいております。

 

 

⚫️株式会社 物研 マネージャー 岡本絢野様

 

①座学での学び・気づき・感想

1つの事に集中すると周りが見えなくなる。働いている人に対しても同じ事があると気づきました。チームワークで仕事をしていくので全員にきちんと向き合って見ていきたいと改めて思いました。

稼働率に関して自社では前日に商品の準備をしますが、その準備時間が長くムダな残業が多い。やっぱり通路に荷物を置いていたりと、整理・清掃のやり方を変える必要がある。段取りよくするにも清掃がからんでくるんだと思いました。清掃をおざなりにしてた事、反省です。

 

②実践実習での内容・気づき

棚の中を全部出す事から。それだけでも大変だが沢山の人でやれば1つ1つの工程が早く楽しく作業ができる。

自分達で物を溜め込んで作業スペースを狭くしている事に気づいていなかった。

棚がある事で物を置ける安心感って危ないと思いました。

 

③今回の講義から自社に持ち帰り実践すること

現場に物が多く、人が通る場所が狭い。そこには今日使わない商品が置いてあったり、棚にめったに使わない資材が置いてある。

たまに使う機械の前にも荷物がたくさん置いている。

ジャストイン・デイを意識して物の配置を考え直す。

作業段取りも再度見直して行動していきます。

 

 

⚫️株式会社タナカファクトリー 西村彩伽様

 

①座学での学び・気づき・感想

清掃について

仕事を効率よく行うために、整理・清掃は大事だと思いました。

 

②実践実習での内容・気づき

棚の整理整頓

全て出し使用頻度に分け・片付けるもの・保留のもの・捨てるものに分けると

必要でないものは、たくさん出てきそうだなと思いました。

 

③今回の講義から自社に持ち帰り実践すること

納期調整等、現場へ伝える際ジャスト・イン・デイのように可能な分だけを調整し伝えていきたいです。

 

 

⚫️ユタニ工業株式会社 係長 浅野貴文様

 

①座学での学び・気づき・感想

前回の「整理の仕方」に続き「清掃」から始まった座学

1日8時間の中で清掃時間のあり方はとても勉強になりました。

8時間×1週間の機械稼働を止めない為の点検・保全清掃。

整理・清掃でジャストインデイが可能になるかも!細かく説明して頂きイメージしながら座学を受ける事ができた。

 

②実践実習での内容・気づき

自分が担当している課で棚内の整理を行った。

1 棚の中身を全て出す

2 いらないものを捨てる

3 使用頻度で分ける

4 よく使う物から順に取り出しやすく、なおしやすく収納

5 1年以上使わない物は外へ出した。期限を決めて処分

整理の手順と、僕自身の判断決断力が上がった1日でした。

 

③今回の講義から自社に持ち帰り実践すること

上記の整理の手順はまたすぐに実践したい。

くり返し行動し周知していきます。