第8期 5S改善コーチ育成講座 第1講(開講式)

第8期 5S改善コーチ育成講座 第1講(開講式)

2021年4月20日火曜日に第8期5S改善コーチ育成講座(以下、5S学校)の開講式及び第1講が株式会社ベルさまで開催されました。

会場利用時に株式会社ベルさまは、毎回ウェルカムボードを用意してくれて、受講生の皆さまも歓迎してくれてるんだなと心が温かくなったと思います。

開講式にあたり、湯谷副理事長、鈴木講師から受講生に向けた挨拶があり、5S学校の理事の皆様と受講生の会社の社長さまにもご臨席を賜り、今期の講座がスタートしました。

受講生の皆さまは一様に緊張した面持ちで開講式に臨まれます。これから半年間ですが、座学と実習の充実したカリキュラムを受講して頂きます。

受講生の皆さまと松園理事

今期よりテキストが新しくなり、きらめく5S学校が発行したオリジナルのテキストになりました。我々の想いを詰め込んだテキストが完成し、第8期はより一層、力が入る講座の開講です。

我々のルーツは、栃木県足利市の足利5S学校にあります。足利学校については下述の通りで、5Sにおける最高学府を目指す崇高な理念の下、発足致しました。

足利学校(あしかががっこう)は、下野国足利荘(現在の栃木県足利市)にあった、平安時代初期(もしくは鎌倉時代)に創設されたと伝えられる中世の高等教育機関。室町時代から戦国時代にかけて、関東における事実上の最高学府であった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

その出会いは2016年2月に開催された関西5S大会に遡ります。現理事長の奥斗志雄が足利5S学校の取り組みに感銘を受け、東大阪に湯谷副理事長、田中理事と共に、一般社団法人きらめく5S学校を創設致しました。

足利との交流は、鈴木講師を通じて、現在も続けております。5Sサミットは昨年(2020年)に開催される予定でしたが、コロナ禍で延期となっております。コロナが収束し、交流ができることを楽しみにしております。

第8期の受講生の皆さまの自己紹介を行った後、第1講は5Sの概要について学びました。

5Sは目的を成し得る手段として行う活動

5Sの目的を聞くと、ほとんどの場合が、なんとなく、漠然と、会社でやってるから、というのが現状です。だからこそ、第1講で5Sを正しく理解する必要があります。さもなければ、会社に帰って正確に伝えることができませんので、今までと変わらない、やらされ感や停滞感のあるフィーリング的な5Sになってしまいます。

5S学校で正しく学び、5S改善コーチになって、いつも通りから、違う道を歩んで欲しいと願っています。実践の場では、大失敗も待ち受けてるのかも知れませんが、失敗の先には成功が必ずありますし、違う道を歩もうとする気持ちが大成功と言っても過言ではありません。

失敗や間違いを許せる環境をつくると5Sは進むことも、5S学校では(「5Sの進め方⑥」として)教えています。

来月の第2講からは、座学と実習になります。新たな一歩を踏み出した第8期の5S学校にご期待下さい。