第3期5S改善コーチ育成講座 第3講

第3期5S改善コーチ育成講座 第3講

6月19日に第3期5S改善コーチ育成講座 第3講を開催いたしました。

座学では、劣後順位・清掃・整頓について学びました。

 

 

劣後順位では、優先順位を決めることは大切だけど、その順位の最後になったものをやめる勇気が必要。

工具なども重要度の高い物から並べていき、重要度の低い物(使用頻度の少ない物)を捨てる勇気が必要という事でした。

いつか使うだろう、いつか使わない、という事ですね。

清掃は、きれいにすることが目的ではなく、きれいにした場所で何をするのか。

清掃は手段であって目的ではない。

きれいにすることを目的としてしまうと、その後、そこをどうするのか決めていないと、

またすぐに元に戻ってしまう、もしくはそれ以上にゴチャゴチャしてしまう、ことが起きる。

いくら綺麗にしても、もとに戻ってしまうのは、清掃を目的としてしまうからなんですね。

 

午後からは、大阪3S実践会の会員企業のユタニ工業様に現場見学にお伺いしました。

ユタニ工業様は若手社員(20代前半)が中心となって3S活動をしています。

リーダーも24歳の社員さんがされています。

私たちの為に1期と2期の卒業生の方がどこをどのように3Sをしたのかを活動前の写真を見ながら説明をして頂きました。

 

 

受講者の方々もとても刺激を受けて、自分たちも頑張らないとな、

と言っておられる受講生の方もいらっしゃいました。